子どもと教職員の願いを実現するために


全教千葉教職員組合は?

全教千葉は、千葉県内の小中学校・特別支援学校などで働く教職員の組合です。全千葉市教職員組合、習志野市八千代市教職員組合、船橋市教職員組合(船橋市・浦安市)、市川市教職員労働組合、松戸市教職員組合、東葛教職員組合(柏市・鎌ケ谷市・野田市・我孫子市・流山市)、北総教職員組合(北総教育事務所管内)の7つの組合で構成しています。

 1980年代、私たちは千葉県教職員組合(千教組:日教組加盟)の組合員でしたが、組合員に対する特定政党への支持を押しつけ、上からの教育政策を容認する組合方針に反対して、子どもと地域から出発した教育・教育実践と教職員の要求を大事にしたいという願いで、1989年に全教千葉教職員組合(全教加盟)を結成し現在に至っています。

 



学びの秋を豊かに



内閣人事局が退職手当見直しを提案(8/24)

政府・内閣人事局から示された回答は以下の通りです。

 

○ 国家公務員の退職給付については、本年4月に人事院から、退職給付額での官民比較の結果、公務が民間を781千円上回り、官民均衡の観点から退職給付水準について見直しを行うことが適切であるとする見解が示されたところ。

 

○ この人事院の調査結果及び見解を踏まえ、退職手当の支給水準の引下げにより、78.1万円の退職給付の官民格差を解消する必要があり、今回の退職手当の引下げは、調整率の引下げによる基本額の引下げによって行うことを考えている。

 

○ 今回の官民較差は78.1万円であり、2012年法改正における一段階あたりの引下げ額よりも少額であることから、経過措置を設けて段階的引下げを行うことは考えていない。加えて、過去の引下げの例に照らしても、段階的引下げが必要となる引下げの水準とも考えていない。

 

○ 引下げの時期(施行日)については、前回引下げの例も参考にして、法案成立後速やかに引下げを実施したいと考えている。

平均781千円は少額ですか???

今でさえ、20年前と比べると手取りで1000万円以上削減されている退職金をまだ下げる???

退職後の生活プランが崩れていきます。

青年をはじめとする若年層にとっては将来不安を拡大し、モチベーションにも大きくかかわります。

全教千葉は退職手当の引き下げに反対するたたかいに全力を尽くします。各職場からも声を上げていきましょう。


育児休業手当金の支給期間延長

公立学校共済組合が育児休業手当金の改訂について全教に説明(8/23)

 193国会で地方公務員等共済組合法が改正され、公務員の育児休業手当金の支給期間が延長されます。これは、雇用保険法等改正一括法の改正によって、特別の事情がある場合(保育所に入所できない等)に民間の育児休業期間が2歳まで延長できることとなり、育児休業給付金の支給期間も延長されることに併せて改正されたものです。改正内容は以下のとおりです。

 

1.育児休業に係る子が16ヵ月に達した日後の期間についても特別の事情により育児休業が必要であると認められる場合には、その子が2歳に達する日まで、支給期間を延長することができるようになる。

 

  特別の事情は、育児休業期間を16ヵ月まで延長する場合と同じ

①保育所における保育を申し込んでいるにもかかわらず、16ヵ月に達する日後の期間について保育所に入所できない場合

②子が16ヵ月に達する日後の期間について、子の養育を行う予定であった配偶者が死亡、疾病、負傷、精神上の障害等によって子の養育が困難な状態になった場合

③離婚等によって配偶者が育児休業に係る子と同居しないこととなった場合

④子が16ヵ月に達する日から6週間以内に出産する予定、または産後8週以内である場合

 

 2.施行日は2017101

 

 3.適用となるのは、施行日以降に16ヵ月に達する子

 

以 上

 なお、育児休業手当金支給期間の延長については、1歳を16ヵ月とする場合と、16ヵ月を2歳とする場合のそれぞれについて、申請が必要となります。

 各県の公立学校共済には、改正内容についての周知をはかるよう通知がされているとともに、今後「共済フォーラム」で知らせるとのことでした。


「憲法をいかし、どの子にもゆきとどいた教育を!」

「高校の無償化」の復活 少人数学級の実現 特別支援学級に配置基準を

20年間、毎年積み上げてきた署名は4億筆を大きく越えました。国会ではすべての党派の議員が、紹介議員になり、その成果は、45人から40人に学級定数を引き下げ、小学校1年生では35人にしてきました。しかし、それでも、GDPに占める教育予算はOECD35カ国中下から2番目という低水準です。これを、OECDのトップまでしなくとも、平均値まで高めると、幼稚園から大学まで無償化、小中学校のすべての学級定数を35人にし、さらに教職員をすべて正規化することが一度に実現します。この署名に声を乗せて、ゆきとどいた教育を実現させていく運動を進めましょう。


全教千葉教職員組合は、子どもと成長の喜びを共有し、

多くの教職員の力を合わせて、千葉教育のために汗を流す組合です。

今年は全教千葉と習志野市八千代市の市民団体が合同で教育研究集会を開催します。

教職員が働きやすい学校は、子どもが生き生きできる学校です。この実現のため、学校内で活動したり、行政と交渉したりします。

「生活を守る」「命と健康を守る」「身分を守る」の3つを大切にした教職員のための助け合い共済。安い掛け金と手厚い給付で多くの加入者から喜ばれています。


がんばっています!