《更新日 2022年5月13日》

新着情報!

・第35回定期大会

・ほんりゅうちば5月号

・2023年度教育予算に向けた「えがお署名」

第35回 定期大会開催

4月29日(金)船橋教育会館を主会場にオンラインを併用して第35回定期大会を開催しました。

2021年度の総括・2022年度の運動について、様々な内容で話し合われ議案を深めることが出来ました。

 

〇教員未配置問題から来る職場での多忙化の中頑張っている

〇部活動での負担が多いことから負担軽減のための提案を行った

〇コロナウィルス対策のため仲間となかなか繋がれない中、オンライン学習会を行って元気が出た

〇組合員のいない職場に訪問し、組合宣伝のチラシ配布をお願いした

〇先生と保護者で様々なことを話し合う「学校カフェ」を計画している

〇共済の加入促進キャンペーンに取り組み、仲間(組合員)が増えた

〇虹の会(臨時教職員サークル)で、学習会を継続しながらつながりを継続し、仲間を迎えたい

等、組合員からの発言がありました。

 

ほんりゅうちば 最新号

「ほんりゅうちば 2022年5月号」(2022.5.13更新)

 毎月発行を行っている、全教千葉教職員組合の機関紙です。

教育問題、社会問題など、様々な話題を掲載しています。ぜひ、御覧ください。


2023年度教育予算に向けたえがお署名



全教千葉は臨時教職員を応援しています!

  • 臨時教員サークル虹の会 教員採用試験対策講座




新宿で行われた「全国教育署名集約集会」の模様です。集約数は2,353,875筆

提出は2月です。引き続きご協力をお願いいたします。



11月26日、県議会棟にて「ゆきとどいた教育をもとめる全国教育署名」の県議会への請願提出集会が行われました。

今回の提出数は45,153筆。毎年全国で取り組まれ今年で32年目を迎えています。


2021年度教育研究集会

教育と子どもを語るつどいin柏全体講演

終了しました!

11月6日(土)さわやかちば県民プラザにて、オンラインを併用した全体講演のみの開催でしたが、オンライン参加72名・現地参加67名と、計139名の参加となり盛況となりました。

 

講演では、子どもたちを取り巻くネット環境の影響、近視・強度近視が増加した理由、脳と視覚との関係、デジタル化社会にどう対峙していけばいいのか?など、今では誰もが利用しているネットツールについて考えさせられる内容でした。

 

 

講師 大谷良光さん (子どものネットリスク教育研究会代表)





2021年度 年度末人事異動に関する要求書


教職員の権利シート



互いに支えあい心温まる共済

 「生活を守る」「命と健康を守る」「身分を守る」の3つを大切にした教職員のための助け合い共済。安い掛け金と手厚い給付で多くの加入者から喜ばれています。